ブログ・SNS

Twitterイベント成功と反省「いいねの数だけ〇〇する」

こんにちばんは、文生伊(あおい)です。

私はブログの為の情報収集、ブログへの流入を期待してツイッター(@a_o_i_u_t_a_k_a)を運用中です。

2021年3月31日付で退職した記念に↓のようなイベントを開催しました。

結果、たくさんのいいねを頂けて、そっと消さずに済みました!

無事開催できたので、イベントの成功点と反省点をまとめましたので共有します。

今後ツイッターでイベントを開催したいなと思ってる方の参考になれば幸いです(*˘︶˘*).。.:*♡

ステップ①:先人の教えを予習

ちょっと前にツイッターの友人ほめらぎさん(@homeragi_blog)が開催したイベント「いいねの数だけ〇〇する」、見ててとても面白いなぁと思いまして。

「どうでもいい情報」というのが絶妙な塩梅で、敢えてツイートするような内容じゃないけど「へぇ!」「私もー!」となる情報だったりして、人柄がより分かるようになるんですよ。

あおい

私もやってみたいー

ということで、ほめらぎさんの経験談から学ばせていただき、下記の様に設定しました。

イベント決め事
  1. イベントの目的を明確化する:今回は私の個人的記念日という事で、「私の事をより良く知ってもらいたい」のが目的。フォロワー減ってもやむなし。
  2. 時間を切る:今回はほめらぎさんのお勧め通り50ツイートあるいは当日の23:59まで。
  3. ツイート内容は全て用意しておく:その時に話題が行ったり来たりしないように注意。

ほめらぎさんのブログ全文は↓こちら

成功した点

結論としては、このイベントをやってみて凄く良かったです!

まずは成功した点(良かった点)から振り返ります。

フォロワーさんに喜んでもらえた

なんといっても、フォロワーさんに「面白かった」とか「あおいの事がよく分かって良かった」と言ってもらえた事が一番良かった点です!

これだけでもイベントをやった意味がありました。

自分自身も、

あおい

いかにも私っぽいエピソードどれだろ?

と考えながら50個ピックアップしていくことがとても楽しかったです。

あくまでツイッターなので、「へぇ~😐」で終わってはもったいない、しかしイベントなので「敢えてツイートするには無益な雑情報」。

この塩梅を狙うのが燃えた!

意外な人と共通の趣味が発覚

「意外な人」と言うとニュアンスが違うかもしれないけど、フォロー+フォロバの関係なのに今まで絡みがなかった人がリプライ下さった事がとても嬉しかった!

ついリプしたくなるようなネタを選べたという事が「成功☆」と思える最大の理由かもしれません。

あおい

話題を厳選した甲斐がありました

また、特にどれというツイートが無くても、久々にリプ下さったフォロワーさんもいたりして、イベントならではのコミュニケーションもありました。

そういった意味でも、時折イベントを実施することは親睦を深める為にも良い事なのかもと感じました。

次のイベントネタを思いついた

これもフォロワーさんのお陰なのですが、「次はこういうイベント面白そうじゃない?」という話題を振ってくれた事も、イベントならではの盛り上がりだったかなと思います。

また機会があれば是非やりたい!

反省点

ほめらぎさんの教えのお陰で反省点は少なく済んだのですが、それでもやはり以下の点は改善の余地があるように思います。

50ツイートでも多かったかも

普段は1~2ツイート、リプライ分を数えても10ツイート程度の私からすると、50ツイートでも多く感じました。

朝9時前にイベント開催の宣言をして、15分~20分置きに1ツイートしていたのですが、普通にすると夜23時までかかる。

あおい

お昼ごろには50いいね達成したのですが、結局は期限の23:59に近い時間になってしまった。

かといって、あらかじめ用意していたツイートを一気にどーんとツイートしても読むほうも大変だし、ていうか読んでもらえないかも知れないし。

時間指定投稿は出来るけど、1つ前のツイートに繋げて投稿していきたい今回の様な場合、時間指定はせいぜい1個しか設定できず…

結局ほぼ手動で投稿したのだが、15分置きでも忙しかった

あおい

世に言うツイ廃になってました…

あおい

合間に色んな作業もやってたし忙しかったー

30分置きに1ツイート、計25ツイート(日)でも十分だったのではないか?と思いました。

つっこみ歓迎のアピールが足りなかった

本当はもっと、1つのツイートに対してつっこみやコメントしてもらいたかったのですが、つっこみ歓迎ムードを作りきれなかったのか、期待よりも少なかったです。

あおい

さみしかった…

どうしても、1つのスレッドに対して淡々と(普段のツイート数からするとバンバンと)ツイートを重ねていくので、読んでくれている人も「見守る」みたいな感覚になってしまったのかもしれません。

途中で気づいて「いつでもつっこみ歓迎!」とツイートしてからリプライが付きだしたので、最初の時点でもっと大きくアピールした方が良かったのかも?

タイミング悪し…

イベント開催時は4月1日ということで、世の中はエイプリルフールで盛り上がってたんです。

あおい

イベントが大渋滞してた…

しかも、平日。新年度初の平日

あおい

忙しかったよねぇ皆

たぶん、そういう事情もあって、つっこみも少なかったのだと思います。

仕事中ちょっと手が空いた時にツイッター覗いたら何ツイートも繋がっていて、「今更遡って突っ込むのもなぁ」ってなりやすいですよね。

私にとってこの日は退職初日という記念日だったので、この日にやることに意義があると考えたのですが、特に日にちにこだわりがないのであれば普通の週末に開催した方が盛り上がったんだろうなと思います。

ツイート分析

さて、ここからは実際のツイートの中で特に反応が良かったものを分析していきます。

インプレッション

インプレッションが一番高かったのが「イベントやります宣言」のツイートで6531だったのですが、こちらは50ツイート外なので番外編になります。笑

50ツイート内におけるトップ5はコチラ↓

ツイート内容数値
身長148cm683
好きな声優 子安武人、速水奨、関俊彦 低くて透明感があり、二枚目な悪役やらせると抜群❣403
足幅AAで踵が小さいので、パンプスはオーダーメイドじゃないと歩けない402
三国志、信長の野望、三國無双、戦国無双、アンジェリーク、遙かなる時空の中で、、、etc. 子供の頃から何十年もかけてKoeiさんに貢いでます。398
10年前にレーシック受けたら人生が超快適になった🤩 辛い日々とは決別したぜぃ✨372

身長についてのツイートは意外性だけでなく、ツイート1発目ということもありいいねやリプ等の反応が多かったのだと思います。

声優・ゲームネタは普段話題に挙げないオタクネタなのでウケが良かったのでしょう。

あおい

リプが付かなかった割にはインプレッションが高かったです

エンゲージメント率

一方、エンゲージメント率が高かったのはリプライばかりでした。

それも、1度きりではなく何回かやり取りを繰り返した中の1つ。

ツイート内容数値
@b98652 私は大学の頃に初代のアニメから入ったんですよ。なので、話がどんどんぶっ飛んでって、壮大で複雑になっていって、最初は戸惑いました🤣30%
@sakanasan_nikki えー😳さかなさんも意外と小さい‼ 私はチビ&あの声だからバリキャリ女子感ゼロ😂26%
@takami_tetote takamiさん、楽しいと言っていただけると嬉しいです☺ 私はこの2つのショップさんでカウンセリング➡オーダーメイドしてますよー😊16%
@keytail888 そんなカギしっぽさんにエスナ🧙✨14%
@sanu_tenshoku さぬさん😍私もそのくだり大好きです‼ 私は誰も信じない卑怯者にはならない! とかもハッとしました😊 🐭も大好きなんですけど、尚隆推しなんです🙈12%

不特定多数に向けたツイートよりも、確実にリプ相手が読んで反応してくれるという意味でエンゲージメント率は上がりやすい指標なのかもしれません。

リプ以外でエンゲージメント率が高かったのが↓

ツイート内容数値
↑これにて50ツイート完了です✨ 本日は皆様のTLを荒らしてしまいましたが、お付き合い下さり誠にありがとうございました😊11%
5年前はじめてパキスタンを訪れ更に人生がガラ変した6%
インドでもパキスタンでもお腹壊したことないのに日本のラーメンを食べるとお腹を壊す。 ワタシハダレ…6%
本が好きすぎて学生時代本屋さんでバイトしていたが店長が夜逃げして閉店6%

1つめの閉会宣言は50ツイート外なので番外編ではありますが、お礼やねぎらいのお言葉を頂けたツイートになりました。

パキスタン・インドネタはリアルでもSNSでも鉄板ですな。

店長が夜逃げネタもありそうでなさそうな事件だから一部の人がウケてくださったのでしょう。

イベント成功と反省からの学び

というわけで、今回の学びはコチラ。

本日のお持ち帰りポイント💡

ツイッターイベント開催準備:

  • 目的を明確に設定する
  • 期限を切る
  • ツイート内容は全てあらかじめ用意しておく

イベント開催の効果:

  • フォロワーさんに喜んでもらえる
  • 絡みが無かった人と絡める
  • 次回以降のイベントのネタ発掘になる

イベント開催時の留意点

  • 50ツイートは多め。25ツイートでも十分そう
  • 最初からつっこみ歓迎アピールをしておく
  • イベント開催時を見計らう
  • インプレッションを高めたいなら普段見せない一面(オタク等々)を出す
  • エンゲージメント率を高めたいならリプライが付き、複数回のやり取りをする

今後イベント開催を考えている方の参考になれば幸いです(*˘︶˘*).。.:*♡

独りで悩まず相談しよう!

★キャリア形成の相談なら★

ポジウィルキャリア

日本初の転職トレーニング

マンツーマンで転職支援

初回カウンセリング無料

10

親身さ

10

結果重視

10

1on1

9

女性向け

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA