転職エージェント

ビズリーチの効果的な使い方ご紹介

私は二度の転職を経て500人規模の未上場企業から50万人規模のグローバルジャイアントに転職、キャリアアップしながら自分の暮らしたい生活(田舎暮らし)を手に入れました。その経験から学んだキャリア形成における成功談・失敗談をシェアします。

田舎暮らしについては個々の好みと思いますがw

自分に合った働き方暮らし方

を手に入れる為、自分が取るべきアクションや考え方についてはどんな趣向の人にも共通しているのではと思います。

現状の仕事や生活に納得いかない方、人生設計も含めたキャリア形成に意欲のある方のご参考になれば幸いです。

今回は、私が二度目の転職で1000万円契約をゲットした転職支援サービス・ビズリーチについてご紹介します。

一度登録してしまえば「あとはスカウトを待つだけ。」というの手なんですが、ちゃんと使わないと勿体ない!

私の思うおすすめポイントや効果的な使い方、あくまで個人的な体験談に基づく使い方ですが、ご参考になれば幸いです。

ビズリーチの特徴

まずざっとビズリーチの特徴をおさらいしておくと、高年収層をメインとしたキャリアアップ志向の転職希望者向けの支援サービスです。

年収750万円以上だとハイクラス会員、それ以下だとタレント会員という分け方が基本の様ですが、実際の審査基準は非公開なのは不明。

また、ハイクラス会員は管理職向けという説明がされる事があるようですが、実際には担当レベルでも登録できます。

私はビズリーチに登録した際、担当レベルの中間(管理職の2個下ぐらい)ぐらいのポジションでしたが、年収が850万円前後だったためかハイクラス会員でした。

良質なスカウトが期待できる

厳密に言うと、ビズリーチ自体が転職希望者のキャリアアドバイザーなどをしてくれるわけではない為、転職サイトであると説明しているサイトも多いです。

ですが、ビズリーチというプラットフォームを通じてヘッドハンター1,300名以上、採用企業社数3,700社以上が登録者の職務経歴書を閲覧し、

これぞ!という人材に直接スカウトをするという意味では、転職サイトよりはエージェントに近いと思います。

特に企業から直接来るスカウトはミスマッチが発生しづらいため、企業側・転職者双方にとってメリットが高い

私も現職のスカウト担当者から連絡が来て、初めて「この企業応募してみようかな~」って思いました。

もちろん登録者が掲載されている求人リストを閲覧し、自分から応募することも可能です。

大々的に公募として多数のポジションを一斉募集する企業もあったりします。

私はこちらのパターンで4社応募し、2社面接に至りました。

クオリティを保つための有料会員制

ビズリーチの提供するサービスを100%活用するためには有料会員になる必要があるということで、そこを不満点として挙げている口コミも多々見ます。

無料会員であってもスカウトは受け取れるが、肝心の返信が出来ないんですね。

ですが、私は有料会員制であることで

質の良いエージェント

本気度の高い転職希望者

が集まっていると思います。

なぜならば、ビズリーチによる厳正な審査をクリアしたヘッドハンターと国内外の優良・成長企業だけがこのプラットフォームを利用できるし、役員や代表取締役しか持っていない非公開求人やポジションも多数あるんです。

それらを求めて、スキルと経験があり、尚且つ更なるキャリアアップ意欲のある転職希望者が集まってくる。

その好循環が更にサービスクオリティを高めていると思っています。

実際、会員数52万人以上を誇っているそうなので、ビズリーチに価値を見出している人たちが多いことが分かります。

もし本当に好待遇でチャレンジングなポジションをゲットしたいのなら、月額でタレント会員2,980円、ハイクラス会員4,980円しますが、先行投資と思って奮発した方が絶対に得です!

私もモチロン有料会員でしたよ!

その方が「〇月までに決着付けるぞ!」と自分を追い込みやすいというメリットもあります。

ダラダラと転職活動続けるのって、色んな意味でしんどいんで。

業種・職種には得意不得意あり

特に強い業種は金融、コンサル、IT、商社・メーカー。

職種としては営業、管理職、マーケティング、経営企画、事業責任者。

私は新卒からずっと企画・マーケティング畑の人間なので、相性バッチリ!

ですが、あまりエンジニア向けではないですね。そういった案件がまったくない訳ではなく、力を入れていない、といった方が正しいかも。

エンジニアの方にはKaguyaなどエンジニアの転職に特化した転職支援サービスがありますよ。

質の良いヘッドハンターと出会える

リクルートエージェントなどの転職エージェントも独自の求人案件を持っていて、企業への応募や売り込みなどを支援してくれるという意味では似ているのですが、ビズリーチならではのおすすめポイントが以下です。

紹介案件のミスマッチが少ない

最大の違いは、ヘッドハンター側からスカウトしてもらえる、という点。

転職エージェントはサービス登録者であれば誰でも支援するわけですが、そのエージェントが抱えている案件と合わない人が来た場合は、出来ることに限りがあるんですよね。

その点、ビズリーチに登録しているヘッドハンターは、

「あなたに紹介できる案件持ってますよっ!」

と連絡をくれるので、ビビッと来たヘッドハンターさんだけに返信すればよいわけです。

その他のヘッドハンターさんには、定型文返信の機能を使って丁重にお断り申し上げるだけでOK。

もちろん匿名でのやり取りが可能なので、変な気を使うことも不要です。

余談ですが、リクルートエージェントの方からビズリーチ経由でコンタクトいただいた事もあります。

転職エージェントNo.1であっても、特定の案件によっては「この人!」という人材に巡り合うことが難しいのですかね。

そう考えると、いかにビズリーチがお金を払ってでも使うべきプラットフォームであるか、ということですね!

壁打ちさせてもらえる

私の場合、ありがたいことに沢山のヘッドハンターさんにお声がけいただき、時間と体力の問題で捌ききれないぐらいでした。

ですが、受ける気が無いスカウトであっても、全て返信だけはした方が良いです。

転職活動の過程で方針に迷いが生じたりとか、「ここ内定もらえそう!」と好感触だった企業からフラれたりとか、状況って結構変わったりするんですよ。

そんな折に、「その後いかがでしょうか?良かったら話しませんか」と連絡くれるヘッドハンターさんもいるんです。

そういう方に、自分の中で生じた迷いや不安など壁打ちさせてもらうと、もやもやしていた気持ちがクリアになったり、新たな発見をいただけたりするんです。

しかも、タイミングによってはもっと良い案件を紹介してもらえるチャンスもあるんで、絶対にぞんざいな対応をしないでおいたほうが得です。

プラチナスカウトがもらえる

ビズリーチの特徴であるプラチナスカウトは、スカウトされた時点で面談or面接が確約されている「特別なスカウト」です。

ヘッドハンターや企業側が登録者の職務経歴書を見て、「この人は求めている人材だ!すっごい欲しい!」と判断した人にだけにオファーするポジションだからです。

中には「役員面接確約」や「社長面接確約」とか、いきなり最終面接!?というスカウトもあるそうですよ。

私にはそんなすごいオファー来なかったですけどw

プラチナスカウトを頂けたのなら、よほど見当違いなポジションでない限り、お話だけでもすることをお勧めします。

面接を受けるという感覚よりも、自分の経歴・スキルのどこに興味を持っていただけたのかを確認する為です。

そうすることで、自分にとって一番の売りになるものが何なのか、クリアになります。

私が現職のオファーをいただいたのも、企業のスカウト担当者からのプラチナスカウトでした。

最初は軽い気持ちで電話面談したのですが、自分のスキルや経験がバッチリ生かせそうなポジションだと思ったので、面接を受けてみることにしたのでした。

その結果この企業に転職することに決めたので、プラチナスカウト侮るべからず。

職務経歴書はバッチリ書くべし

ビズリーチを最大限に活用するにあたり、登録の際に必ず職務経歴書をバッチリ書く事をお勧めします。

既述の通り、ヘッドハンターや企業からスカウトを受けるための入り口となるのが職務経歴書なんです。

なので、

職務経歴書がショボかったら大したスカウトが来ない!

と思った方がいいです。

じっくりと時間を割いて、自分の成果やスキルをアピールしないと、好待遇スカウトは来ません。

一般的に職務経歴書は400文字前後書くべきだとされていますが、ビズリーチ経由で転職成功した人の平均文字数は366文字だそうです。

私も何度も書き直しながら、その文字数を目指して書きまくりました!

職務経歴書って、企業秘密に触れないように書くのがとっても難しいんですよねぇ~。でも、ここは頑張る価値あり!

ハイクオリティな職務経歴書を書くにあたり、私は元上司などを味方を付けるという方法もお勧めしています。

企業インタビュー記事が読める

何気に私が好きだったのが、ビズリーチから定期的に配信される企業のインタビュー記事。

どういう企業で、どういう社風で、どんなポジションを募集していて、その経緯がどうで…という話がされているのですが、それを読んで「この企業応募してみたい!」と思った企業が何社かあります。

ぜんぶダメでしたけどw

名指しで「〇〇社に入りたい!」と心に決めている人でない限り、ちょっと時間の空いた時など、気分転換がてら読んでみると良いと思います。

単に、「いろんな企業・いろんな人がいるなぁ」という社会勉強にもなります。

求人リストがチェックできる

スカウトが思ったほど来なかったり、内容がイマイチ望んでいるものと違ったりした場合、求人リストを眺めてみるのもお勧めです。

私は、自分のスキルをもって異業種へ転職したかったのですが、ビズリーチでは希望業種や職種が最大3件しか登録できなかったので、どんな業界なら自分が活きそうなポジションがあるのかを求人リストでリサーチしました。

募集要項を眺めながら、「このスキルはある」「このスキルは無いけど〇〇プロジェクトの経験が使えそう」とかって棚卸していくイメージです。

募集要項の必須スキルとか歓迎スキルって、100%合致してると勿論良いのですが、そうでない場合でも通る事もあるようですよ!

たまに同じ案件なのに複数のヘッドハンターが登録しているものがあって、すっごい見づらかったりするのが難点でした。

ただ、それだけウリとなっているポジションなんだなぁという勉強にはなるんですけど。

明らかに同じ案件なのに、エージェントによっては企業名を伏せていたり、募集要項が微妙に違っていたり、そういうとこは残念でした…

私の場合、リストの中から「これぞ!」というポジションを発見し、応募した企業の最終面接まで行きました。

そこはダメでしたけど…いい勉強になりました!

以上、私の思うビズリーチのおすすめポイントや効果的な使い方でした。

参考になれば幸いです。

別途、より詳細なヘッドハンターとのやり取りなどご紹介していこうと思います。乞うご期待♪

★優秀なヘッドハンターと出会うなら★

ビズリーチ

利用者支持率No.1

30代以上支持率No.1

ヘッドハンター優秀度No.1

8
親身さ
9
求人数
10
非公開数
8
女性向け

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA