キャリアアップ

相談できる元上司なんていない!という人へ伝えたい事

以前転職には味方が必要という記事で、

元上司ほど、あなたの業務を間近に見てきた人はいません。その人の見解すべて正しいとは思いませんが、少なくとも評価者という視点であなたの強み・弱みをよく知っている人であるという事が言えます。

転職活動にあたり、エージェントや面接官はあなたの職務経歴を評価するわけですから、元上司程最適な相談相手はいないのです。

とお勧めしたのですが、中には

転職活動中
転職活動中
転職の相談ができる元上司なんていない…

という人も多いのではないでしょうか。

もしかしたら、本当に上司(あるいは近しい上位者)に恵まれなかった人もいるのかもしれませんが、私から言えることは

「上司と部下」としては折り合いが悪くても、人として普通に仲良くなれる人って、結構いるよ!

って事です。

なので、過去を振り返ってみて、ちょっとでも心に残ってる人がいるなら、立ち話程度でも「最近どーすか」と声をかけてみる事をお勧めします!

「久しぶりに話してみたら前ほど嫌じゃなかった!」という人の中から、特に信用できる人を探してみると良いと思います。

離れてみてしみじみ

私にも、居ました。毎日のようにぶつかり合い、喧嘩ばかりしていた元上司。

それでも、最終的にはお互い何らかの「悟り」というか、「理解は出来ないけど認め合う」仲になれたんです。

それは、その人の部下から外れた後、冷静にその時代を振り返ることが出来るようになった時、

実は人としては全然嫌いじゃなかったんだなぁ…

と気づいたんですよ。

加えて、仕事の考え方ややり方に関しても、世代の違いや視点の違いによってすれ違いやぶつかり合いはあったけれども、知識の豊富さや自分の意志の貫き通し方については、実は沢山学ばせてもらっていたんだなぁと分析できたり。

その人も、本当は社内における自分の立場の難しさを理解しつつ、自分なりに出来る事・やりたい事をやろうと足搔いていたんだろうなぁ、と理解したり。

嫌われ役とういうか、憎まれ役だったんですよねぇその人…

離れてみて、俯瞰的に見てみると、違う視点に気づけるものなんですよねぇ。しみじみ。

特にその人とは、仕事でどんなにぶつかり合ってもお昼ごはんを一緒に食べるとか、休憩時間に一緒にお茶するとか、ちょっとでも仕事と離れた会話をする機会があった事が功を奏したのかもしれません。

そこの辺りは、拗ねず投げず逃げず、お互いに向き合おうという行動だったんでしょうかねぇ。

ありがたや!

仕事憎んで人憎まず。

もちろん、どんなに歩み寄ろうとしても、無理な人は無理でしょう。私も、そっちの人もいます。

ですが…極力、

仕事憎んで人憎まず

の精神でいたいと思ってるんです。だから、一度は感情を押し殺して歩み寄ってみる。

だって、そっちの方が、人として成長できると思いませんか?記憶に憎しみが残り続けるよりも、良い記憶で上書きされていった方が、長い人生を生きやすいと思いませんか?

たとえそれが、記憶の美化であったとしても。

私はそちらを選びます。

あ、でも、やっぱ一生無理だわ!って人は、やっぱりいますw

以上、参考になれば幸いです。

独りで悩まず相談しよう!

★キャリア形成の相談なら★

ポジウィルキャリア

日本初の転職トレーニング

マンツーマンで転職支援

初回カウンセリング無料

10

親身さ

10

結果重視

10

1on1

9

女性向け

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA