転職日記

【コロナ禍転職活動日記】①ビズリーチ:某D社

こんにちは、文生伊(あおい)です。

今回は実際に私が今のコロナ禍で転職活動してみて、転職市場の状況を調査してみたのでシェアします。

困惑の会社員

今、転職って厳しいんじゃないの…?

と思っている方のご参考になれば幸いです。

私の働き方の考え方はサイドFIREする為に「したい事だけを、したい時にできる」。

転職エージェントや企業側には、「柔軟な働き方」「残業ゼロor時短勤務」や「100%在宅勤務」という言い方で伝えています。

きっかけはビズリーチ経由のプラチナスカウト

ご存じビズリーチ、年収750万円以上のキャリアアップ志向の方が様々なエージェントとコネクションを得ることができるプラットフォームです。

オフィシャルサイトへ

ビズリーチは、私が2019年に転職活動していた際には有料会員としてお世話になり、実際に現職に転職するキッカケを頂いた転職支援サービスなんです。

転職活動を終えても退会はしていなかったのですが、有料プランの期限が切れて無料(スタンダード)会員になってました。

ですが、プラチナスカウトは無料会員でもメッセージを閲覧し、返信することが出来るんです。

あおい









おそらく企業側がビズリーチと特別契約結んでいるのでしょうね

推測ですが、私の様に活発に転職活動をしている訳ではなくても、

採用担当

声をかけてみたら興味持ってもらえるかも…

という人材を発掘するための救済措置なんでしょうね。

某D社から直々のお声がけ

ビズリーチの特徴でもあるのですが、転職エージェントからのプラチナスカウトもあれば、企業の採用担当者から直接プラチナスカウトが届く場合もあります。

現職も企業から直でスカウトして頂いたのですが、今回の場合もメーカー系某D社の人事の方からメッセージが届きました。

D社人事

貴殿のご経験とスキルを拝読し…云々

あおい

私もうフルタイムで毎日オフィスに通勤して…みたいな働き方はする気ないんです

あおい

ていうかそもそも御社の様なメーカー系は希望にも挙げてないんですけど

あおい

それでもよろしければ改めてご連絡ください

D社人事

はい、一度面談だけでも…

というやりとりを匿名状態で繰り返した後、WEB面談の日時調整を行いました。

(※ここでは超省略&口語化してますが、ちゃんとマトモなビジネスメールでやりとりしてますw)

なごやかなWEB面談の内容

面談の当日、時間キッカリにZoomで繋がりました。

参加者は私の他、D社の募集ポジションの部長さんと課長さんの3名。ビズリーチ経由でやりとりした人事の方々は参加されないとのことでした。

それぞれの自宅から参加してる事が背景から見てとれて、一昨年まで転職活動=「会議室(応接室)での緊張する空間」に慣れていた私としては、不思議な感覚の面談でしたw

部門の説明

これもWEB面談ならでは、な気がするのですが、募集ポジションの部署がどんな部署で、どういうヴィジョン&ミッションを掲げていて…という情報をパワポの説明資料を画面共有しながら説明して下さった事が新鮮に感じました。

それまでは、口頭での説明だけか、紙ベースの資料を渡された事はあったのですが。

また、私は今まで面談や面接時にメモを取る事はしてこなかったのですが、PC越しでの会話だと画面見ながらメモ書きながらでも聞きやすかったです。

あおい









本当は対面の面接でもメモとっていいらしいですよ…私そんなこと知らずに2回転職しちゃってましたw

なにはともあれ、面談というよりも、ビジネスミーティングという雰囲気で話しやすかったです。

質疑応答

一通り説明を伺った後、D社から私への質問があり、私からD社への質問などをしました。

聞かれたのは

  • なぜ転職活動しているのか
  • 今までの経験
  • 〇〇のようなプロジェクトを行ったことがあるか

などなど、想定通りの良くある系の質問でした。

あおい

まぁ面接じゃなくて面談ですし、「試される」感じではなく「教えてください」という雰囲気でした

私からは

  • 何故私にお声がけいただけたのか
  • 私への期待値は何か
  • 働き方について

などを伺い、1時間ちょっとの面談は終了しました。

D社の連携不足…

ひとつ残念だったのが、採用担当者さんから募集ポジションの職制陣に私の働き方についての考え方が伝わっていなかった事。

面談前に伝えていて、それでも良ければ面談させてくださいとお伝えしたので、D社は新しい働き方に前向きな企業だと思ったのに。

あおい

ていうか、面談を担当して下さった方々が無駄な時間を使わせられて可哀そう!

あくまで私の勝手な印象ですが、面談を通してかなり「良い感じじゃない?」とお互いに感じている空気が漂っていただけに

こういう企業側のお粗末な連携はすっごい残念でした。

それでも面談して下さった部長さんはとても良い方で、

面談担当者

今はコロナの関係で100%在宅勤務で、意外と仕事回せちゃうねって発見があった

面談担当者

個人的にはそういう働き方を応援したい

面談担当者

でも、会社側の制度が追いついてなくて、コロナ明けどうなるかは保証できない、厳しいかもというのが本音

等々、ご自分なりの見解を惜しみなく話してくださいました。

口調&表情から察するに、かなりガッカリというか困惑されていたと思うのですが、そういう働き方を志す私を否定することなく応対して下さった事にとても感謝しています。

万が一この部長さんの下で働く事になったとしたら、尊敬できる良い上司になっていたかもしれません。

結果…

そんな感じで終えた面談でしたが、その2~3日後に人事の方から

D社人事

働き方の面で合わないので今回の話は無かったことに

とメッセージが届きました。

あおい

でしょうね…

だったら面談なんてさせんなや!と言いたくもなります。

人事の方は「〇日までに〇名と面談を成立させる」なんてKPI握らされていたんだろうか。

だから従来型の働き方をする気が無いと宣言した私でもいいから何が何でも面談させたかったんだろうか。

そう思いたくなるようなお粗末な一件でした。

あおい









そもそも私が特殊過ぎるという点は否定しませんがw

転職市場:厳しいが需要はある

何はともあれ、本気で転職活動をしていない私がスカウトを受け、面談に至り、もしかしたら選考が進んでいたかもしれない事を考えると、コロナ禍でも転職市場は動いているという事がよくわかりました。

後日談ですが、同企業の同ポジションについて、某転職エージェント経由でもお誘いが来たんです。

察するに、採用する側も採用される側も「今は厳しい…」と感じているんじゃなかろうか。

採用担当者

なかなか良い人材に出会えない…

転職あきらめ中

まだこの先何が起きるかわかんないし、今転職するのは厳しそうだし、動くのやめとこ…

という需要のすれ違いも発生しているのかなぁ、と。

あおい

業界や職種によって募集に差があったりもするようですし、一概には言えませんが

というわけで、本日のお持ち帰りポイント。

お持ち帰りポイント💡
  • 転職したいならいつでもお声がけ頂けるようにエージェントに登録しておく!

そうすれば、良い条件の職を逃さずに済む確率を上げられます。

アンテナを張っておき、いつでもスタートダッシュ決めれるように準備しておきましょう!

よろしければ↓の記事を参考に選んでみてくださいね😊

転職には味方が必要②転職支援サービス私が二度の転職を経て500人規模の未上場企業から50万人規模のグローバルジャイアントにキャリアアップしながら自分の暮らしたい生活を手に入れた成功談・失敗談を紹介しています!転職活動を通して私が学んだ事は、効果的な職務経歴書の書き方や有利な面接のチャンスを得るためにも、多くの味方が必要だということです。...

好きなように働いて暮らそう⸜(๑’ᵕ’๑)⸝

★優秀なヘッドハンターと出会うなら★

ビズリーチ

利用者支持率No.1

30代以上支持率No.1

ヘッドハンター優秀度No.1

8

親身さ

9

求人数

10

非公開数

8

女性向け

★親身な転職サポートなら★

パソナキャリア

2年連続満足度1位

「正しい転職」が理念

準なでしこ企業

9

親身さ

6

求人数

7

非公開数

9

女性向け

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA