美容・健康

辛さが他人には伝わらない!?片頭痛との上手な付き合い方

こんにちばんは、文生伊(あおい)です。

このブログは私のキャリア形成成功談・失敗談をメインにお届けしているのですが、自分に合った暮らしと働き方の実現には欠かせない美容健康についても情報シェアしています。

今回は私の長年の持病でもある片頭痛との付き合い方について。

片頭痛と言うと、

同僚
同僚
要は頭痛でしょ?

同僚
同僚
頭痛なんかで会社休むわけ?

と、なかなかこの辛さを同僚に理解してもらえないですよね。

この苦しみを抱えながらもどうやって楽しんで暮らすか!?私なりの付き合い方をご紹介します。

片頭痛で苦しんでる人だけでなく、周りに「片頭痛持ち」がいる人たちの参考になれば幸いです。

片頭痛とは

そもそも片頭痛とは何かと言うと、心臓の動きに合わせるようにズキンズキンと痛むタイプの頭痛です。

あおい
あおい
頭の中でドラム叩かれてる感じ。

最大の特徴は、普通の頭痛薬では治らないということ。

また、「片」と名前に入っていますが、本当に頭の片側だけに痛みを感じる人は半数程度で、残りの半数は頭全体に痛みを感じることが多いんだそう。私の場合は片側の時もあれば、全体の時もあります。

特徴的なのは、一度痛みが出ると数日間持続する場合が多い事。しかも立ったり座ったり日常的な普通の動きでも脳天に「響く」ぐらいの激痛で、極めつけはあらゆる刺激、特に光や音や臭いに過敏になる事。

人によっては視野が欠けたり、ギザギザと光が出る閃輝暗点(せんきあんてん)などの症状も伴います。

つまりはPCだろうとスマホだろうと画面は見れないし、気晴らしに散歩と言っても太陽光が刺すように痛いし、室内にいても照明が凶器だし、他人の香水や服にしみついた柔軟剤の臭いも強烈だし、好物のお菓子であろうと臭いに吐きそう、気分を鎮めようと音楽をかけると自殺行為…

最早、仕事ができないとか何が出来ないとかそういうレベルじゃないんです。

あおい
あおい
生きてること自体が苦痛

というレベルなんです!

一言「頭が痛い」という次元でなく、それに伴って色んな症状が併発するのが片頭痛最大の特徴と言えます。

いわゆる頭痛=緊張型頭痛との違い

いわゆる頭痛、例えば風邪を引いたときとか目が疲れたり肩こりが酷いときなどに起きるタイプの頭痛は緊張型頭痛と言って、こちらは頭を締め付けられるような痛み方です。

あおい
あおい
孫悟空の頭の輪を締められる感じと例える人も多いです

なんらか明確な原因があって頭痛と言う症状で表れるのが特徴です。

多くの場合、その原因を取り除けば頭痛も自然と治ります

同僚
同僚
私も時々頭痛でるけど、どっちのタイプかな?

と疑問に思ったら、緊張型であると思っておけば良いと思います。

私の素人判断ですが、片頭痛の場合は

あおい
あおい
コレはヤバイ…あたしの体に何かヤバイことが起こっている…っ

と確信を持って危機感を感じる痛みなので、悩む暇もないです。

片頭痛の原因

では、片頭痛の原因は何なのか?というと、様々な説がありますが、はっきりと分っていないというのが現状みたいですね。

  • 完全主義、努力家、神経質な性格の人がなりやすい説…
  • ワインやチョコレートなどポリフェノールとの因果関係がある説…
  • 生理前から生理中にかけて起こりがちなため、女性ホルモンとの関係している説…
  • 母から娘へ遺伝する説…
  • 人混みや灼熱や騒音の激しい場所などの外的要因説…

どれにも医学的な根拠は無いが、これらとの因果関係がありそうだ、というのが通説みたいです。

また、上記で「生きてること自体が苦痛」と大袈裟に書きましたが、片頭痛と鬱との関係性も指摘されています。

あおい
あおい
私の場合は生理の前後や人混みの激しい都会に行くと片頭痛が出やすいです

ちなみに、男性にも片頭痛は起こります。実際に知り合いの男性で片頭痛持ちの人がいます。

片頭痛との上手な付き合い方

一般的に、片頭痛が酷くなるタイミングは「緊張・ストレスから解放されてリラックスした時」とも言われています。平日は気を張って仕事をこなしているけれど、週末ほっとした時にぶっ倒れる…という話もよく聞きます。

あおい
あおい
そ、そんなっ…私にリラックスするなと!?!?!?

私も最初はそう思いました。

控えめに言って絶望です。

ですが、嘆くだけでは苦しみが長引くだけですので、私の片頭痛との付き合い方をご紹介します。

薬で予防する

同僚
同僚
冒頭で薬は効かないって言ってたじゃん

はい、でも、これしかないんです。

ポイントは頭痛が酷くなる前に薬を飲むこと。ちょっとでもヤバイと思ったら悩む前に飲む。ちょっとでもタイミングが遅れると、薬はもう効きません。

マラソン選手が喉が渇く前に水分補給するようなイメージです。頭が痛くなる前に飲む!

あおい
あおい
ポケットにロキソニン入れて持ち歩きましょう!

逆に言うと、痛くなる前に飲むことさえできれば片頭痛を回避できる確率が飛躍的に上がります。

これで、頭痛のせいで無駄に有休を消費して仕事が滞る…なんて事態を防げます。

あおい
あおい
頭痛なんかで休むわけ?って、誰より自分自身が一番そう思ってますからぁ!!

また、片頭痛用のお薬を処方してもらうという手もあります。ですが、このお薬には眠気や倦怠感を起こす副作用が強いです。

体質など個人差もあるようですが、私にはまったく合わず、服用を断念しました。倦怠感を通り越してっぽくなってしまい、文字通りベッドから出れなくなってしまったのです…

あおい
あおい
仕事にならん!どころか、人生にならん…

それでも興味あるなら、頭痛外来や脳神経外科などで受診すると処方してもらえます。片頭痛を抑える薬と、起きた後に飲む薬がありますよ。でも、どちらも片頭痛が酷いときに飲んでも即効性がある訳ではありません。

お医者さんと相談しながら取り入れてみてくださいね。

堂々と休む

上記で『痛くなる前に薬を飲めば片頭痛を回避できる確率が飛躍的に上がる』と書きましたが、気づきました?

ゼロにはならない

ヒノノニトン顔負けの「危険を察知!」しても、回避できない事故もあります。

そういう時は、堂々と

堂々と、というのがポイントです。「仕事が…」なんて気にする余裕なんて無いんですから。

ですが、「休む」にも片頭痛の残酷ポイントが潜んでいます。

睡眠時間が長すぎても痛みが悪化するんです…!!

あおい
あおい
控えめに言って絶望です

つまり、休むといっても寝ればいいってもんじゃないんです。

ですが、無理して会社に行ったところで生き地獄なので、

堂々と休むべし。

暗くて静かなところで一人になる

では、休んでる間、何をするか。

記述の通り、目は使えないし動くと脳天に響くし飲食もキツイし…

基本的に、出来る事と言えば暗くて静かなところで一人でじっと過ごす事だけが唯一の休息方法です。

同僚
同僚
寝ないでじっとしてるなんて、さすがに退屈じゃない?

大丈夫です。どうせ何をしたいとも思えないほどの激痛ですから。泣。

ギリギリできる事と言えば、

日中曇りなら外をぼーっと眺める(夜は街灯がある場合は×)

楽しい妄想に耽る

私のお気に入りは3つめの「妄想に耽る」です。

どうせ頭がおかしくなったんじゃないかって思うほどの激痛です。頭がおかしいとしか思えないような妄想をしましょう!

冷やす、押さえる

同僚
同僚
まぁまぁ、とりあえずお風呂でも入って温まれば?

いいえ、それは自殺行為です。

ここも緊張型頭痛との大きな違いです。こちらは温めると改善するそうですが。

片頭痛の場合は冷やすが◎なんです。

目がチカチカするなら冷タオルを目に当てたり、冬場なら外の空気を吸って適度に頭を冷やした方が気持ちが和らぎます。

あおい
あおい
ケーキ屋さんでもらった保冷剤が片頭痛の友です…

あとは、痛みのある部分、例えばこめかみや目頭を圧迫すると周辺の血管が収縮して痛みが和らぎます。

好きなものを好きな時に食べる

私はあまり感じないのですが、長時間お腹が空きすぎると片頭痛が悪化しやすいという説もあります。

なので、その傾向が強い人は空腹時間をなるべく減らしましょう。

あおい
あおい
お勧めは優秀健康食・素焼きナッツです!

そうでなくとも、片頭痛中って普通にお腹が空くんですよ。体が菌やウィルスに侵されてる訳じゃないので。

同僚
同僚
臭いがキツイから食べれないじゃなかったの?

はい、でも、ものによるんですよ。

既出のポリフェノールが片頭痛の原因説や、その他チーズやナッツなど様々な食べ物との因果関係も指摘されているのですが、個人差が激しい!というしかないのが現状。

実際に私も、調子のよいときはチョコレート箱食いする勢いだけど、片頭痛が出てしまうと頭痛が悪化+吐き気を催す原因になる。

あおい
あおい
でも、ハーブスのミルクレープは元気の源!!

同僚
同僚
都合良すぎだろっ!

そう言われても仕方がありません。現実なので。

実際のところ、咀嚼すると顎の振動が脳天に響くし、自分の咀嚼音が骨伝導で何百倍にもうるさく感じるし、本当は食事という行為が辛いんです。

でも、食べないと生きていけないでしょう?そしたら、せめて、

好きなもの(尚且つ気持ち悪くならないもの)を楽しんで食べる!

しかないのですよ。

ちなみにカフェインを摂ると痛みが和らぐ説もあります。私には効果がなかったけど、人によっては効くかもなのでお試しあれ。

片頭痛との上手な付き合い方まとめ

では、本日のおさらいです。

お持ち帰りポイント
  • 片頭痛は「ズキンズキン」。原因が明確でなく、めまいや吐き気など様々な症状が併発する。
  • 上手に付き合うためには、痛みが出る前に薬を飲み予防すること
  • それでも痛みが出てしまった場合は「堂々と」休み、頭や目を冷やすこと
  • 一人で暗くて静かな部屋で楽しい妄想に耽って過ごし、好きなものを食べたりして楽しむ工夫をすること

いかがだったでしょうか?

片頭痛で苦しんでる方々の参考なれば幸いです。

独りで悩まず相談しよう!

★キャリア形成の相談なら★

ポジウィルキャリア

日本初の転職トレーニング

マンツーマンで転職支援

初回カウンセリング無料

10

親身さ

10

結果重視

10

1on1

9

女性向け

にほんブログ村 転職キャリアブログへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA